トップページ

AV女優 桃井望 焼死事件の真相とお蔵入り映像。

2002年10月12日夜、長野県塩尻市広丘郷原の奈良井川河川敷にて、乗用車が炎上しているとの通報があった。
消防車の出動などによりまもなく鎮火したものの、灯油をかけて燃やされた車内外から男女の遺体が発見され、このうち女性の方がAV女優の桃井望である事が判明した。

突然ともいえる彼女の死に、多くのファンは強い衝撃を受けた。
歌手や俳優や女優の遺した作品を店頭で目にしたファンが涙するように、「レンタルビデオ店で彼女が出演してるビデオを見かけるたびに涙が出てくる」とネット内でコメントしたファンもいるほどであった。

【謎を残す事件】
焼損の激しさ及び消火活動によって現場近くが踏み荒らされた事などにより後の現場検証等は困難を極めたが、彼女の死因が数ヶ所におよぶ刺傷によるものであった事から、警察では現在も男性による無理心中・殺人の両面から捜査されている。
しかし、心中と言うには下記に挙げた点を始めとして多数の不自然な点があるため、桃井のファンを中心に殺人説を主張する者も数多い。

・靴が自宅に残されていた事(2人とも裸足だった)
・自宅のパソコンの電源がつけっ放しだった事
・運転者及び車の所有者の男性(桃井は自動車運転免許を持っていなかった)が後部座席で発見された事
・2人とも事件以降の日に知人と会う約束をしている事
・灯油を撒いて着火したにも関わらず、灯油を入れたと思われる容器が発見されなかった事
・2人とも煙をほとんど吸い込んでおらず、焼死の可能性が低い事
・男性は事件の数ヶ月前に80万円を貸しているが、借用書に記された名前の人物は存在しない事

事件現場写真

判決は、宏樹さんの亡くなる直前のメールや電話内容、直前にを修理していたことなどの状況証拠を踏まえ、「死の直前まで生活の継続を前提として暮らしていた」と指摘。
「突発的に自殺を決意し、交際相手を殺したり、車に放火したりしたと合理的に説明することは極めて困難」とし、「(2人は)何者かに殺害されたと考えるのが自然」と結論づけた。

桃井望 画像
桃井望 画像
桃井望 画像


| | トラックバック (0)

トップページ